基本的考え

工事金額に応じた料率を工事金額に乗じて設計監理料を算出します。
設計監理料料率(%)= 11 + 0.05x (100 - 工事金額 /100万円)

ただし、
工事金額2,000万円未満の場合、設計監理料は定額300万円;
工事金額10,000万円以上の場合、設計監理料は定率11%とさせて頂きます。

設計料率

料率表(新築工事)

工事金額
(万円)
料率
(%)
設計監理料
(万円)
~2,000 - 300
~3,000 14.50 ~435
~4,000 14.00 ~560
~5,000 13.50 ~675
~6,000 13.00 ~780
~7,000 12.50 ~875
~8,000 12.00 ~960
~9,000 11.50 ~1,035
~10,000 11.00 ~1,100

工事金額2,000万円未満の場合は設計監理料を300万円、工事金額が1億円を超える場合は設計監理料料率を一律11.000%とさせて頂きます。

料率表(リフォーム工事)

工事金額
(万円)
料率
(%)
設計監理料
(万円)
~1,000 - 150
~2,000 15.00 ~300
⋮  新築工事に準ずる

工事金額1,000万円未満の場合は設計監理料を150万円、
1,000万円以上2,000万円未満の場合は15%、
2,000万円以上の場合は新築の料率に準ずる。

例)工事金額3,750万円のとき

・設計監理料 = 工事金額 × 設計監理料料率 / 100

支払時期

  • 第1回

    設計監理
    契約締結時

    15万円

  • 第2回

    基本設計
    着手時

    15%
    -15万円

  • 第3回

    基本設計
    完了時

    15%

  • 第4回

    工事見積図
    完了時

    25%

  • 第5回

    工事請負契約
    締結時

    15%

  • 第6回

    建物上棟時

    10%

  • 第7回

    建物竣工時

    20%

  • =100%
  • 基本計画

    プレゼン

  • 基本設計

  • 実施設計

  • 工事期間

別途費用

  • ・消費税、申請手数料等の役所及び検査機関へ支払う手数料は別途ご請求致します。
  • ・交通費は実費にて別途ご請求致します。 尚、スタッフ(1名) 同行を基本としております。
  • ・敷地調査及び地盤調査費用は含んでおりません。別途お支払頂きます。
  • ・確認申請 ・中間検査 ・完了検査以外の特別な行政手続きが必要な場合は業務負担に応じて別途費用をご請求する場合がございます。
  • ・一般的な構造設計は設計監理料に含まれておりますが、構造計算を必要とする場合、外注の構造設計事務所への支払いが発生します。
    その場合、構造仕様などによって別途実費をご相談させて頂く場合がございます。
  • ・一般的な設備計画は設計監理料に含まれておりますが、計画規模、設備仕様などによっては外注の設備設計事務所への業務委託を要する場合がございます。その場合、別途実費をご請求する場合がございます。

家づくりにかかる費用 >

設計監理料の調整

  • ・設計監理計約締結時は想定している工事費により算定した設計監理料を適用します。
    但し、契約終了時に実際の工事費と想定工事費に差額が生じた場合、最終お支払い金額にて差額の清算を行います。