Q.1
「なんか敷居が高くて親しみがわかない…」
ここだけの話、実は私も建築主さんと最初にお会いするときは、緊張しているんです。

冷静を装っていますけど…(笑)

家づくりは建築主と設計者の信頼関係が大切です。

それはお会いして、話をしていく中で構築されるものですから、最初は多少緊張しているくらいの方が

ちょうどいいのかも知れません。

家づくりやリフォーム、増築、改築を本気でお考えの方であればどなたでも大歓迎です。

気難しい建築家が出てくることはございませんので、お気軽にご連絡ください。

Q.2
「自分たちの意見を聞いてくれないのでは?」
十分な打合せをした上でご提案する、この作業を敷地全体から建物細部にいたるまで何度となく繰り返し、

一歩ずつ建築主の理想の住宅へと近づいていきます。

設計事務所の設計では、構造から材料まで全てがオーダーメイドですから選択の自由度は無限大です。

その中で敷地条件、 法規制、 予算、 周辺環境など総合的に判断して、建築主のごきぼうや夢を最良の形で実現することを心掛けております。

Q.3
「設計監理とはどのようなことですか?」
設計事務所の主な業務は 「設計」と「工事監理」です。

「設計」は住宅を建てるための計画から設計図面を作成するまでの業務です。

細かい打合せでご要望をお聞きして、図面だけでなく模型やパースによってイメージを伝えます。

「工事監理」は、工事会社の見積の妥当性をチェックしたり、設計図通りに工事が行われているかを現場で検査したり、施工者の作成する施工図や工程表等をチェックする業務です。

施工者の現場責任者である現場監督が行う管理業務とは違い、第三者の立場から検査等を行う業務です。

Q.4
「設計料って高いんじゃない?」「ハウスメーカーや工務店では設計料がサービスだったり、安かったりしませんか?」
「設計事務所に頼むから設計料がかかる」というのは大きな間違いです。

ハウスメーカーや工務店等は設計料が全体予算の中に組み込まれて見えにくいだけです。

当然、赤字にならないように施工費で穴埋めがされています。

その点、設計事務所は設計監理を施工と分離して専門的におこない、コストの透明化、工事費のチェック、価格交渉、更には現場を隅々まで専門家としての目でチェックしますので、建築費をトータルでおさえながら建物の品質を維持することができるのです。

実際は、工事費のチェック・コストダウン・業者との価格交渉により設計料程度はカバーできる場合がほとんどです。

そして何よりも、世界に一つだけのあなたのための住宅を建てる事ができます。

これは設計を専門としている設計事務所しかできません。

特別な空間で生活を送ることに対する対価としての設計料だとご理解ください。

尚、設計監理料はこちらです。

Q.5
「こんな予算じゃ設計事務所に頼めないんじゃない?」
予算が少ないからこそ専門家による検討が重要です。

条件の優先順位を整理し、構造や建て方の検討からコストパフォーマンスの高い材料の選定、上手く安く請け負う工務店選び、あらゆる面で検討いたします。

予算以上の空間で応えるのが設計事務所の仕事です。

予算に見合うように面積を絞っても、十分に満足行く空間にすることが出来ます。

Q.6
「ローコスト住宅の設計はされてますか?」
ローコスト住宅という定義は非常に難しいです。何と比較してローコストかということになります。

例えば2000万円の住宅は5000万円よりはローコストです。私は常に適正価格での住宅建設を心掛けています。

たとえ厳しい予算でも、その予算内で最大の効果を得るためにどのように計画するかを考えます。

つまり、ローコストとはいいませんが、どのような予算であってもご相談ください。

Q.7
「費用はどの時点で発生するのですか?相談費用は掛かりますか?」
相談は無料で行っております。ご納得頂けるまで何度でもお気軽にご相談下さい。

ご納得頂けましたら、設計監理契約を結ばせて頂きます。

この時点で正式に設計依頼されたことになり、費用が発生致します。

尚、ご相談の際に簡単なスケッチを書く事はございますが、設計監理契約を結ぶまでは設計図面などのご提示は行いませんのでご了承下さい。

Q.8
「敷地購入にあたってアドバイスしていただけますか?」
用地取得にあたってのご相談もお受けします。

場合によっては敷地探しからお手伝いすることもできます。

また、狭小敷地や変形敷地などで取得に踏み切れない場合など、建築的に解決できることもございますのでご相談ください。

Q.9
「狭小敷地、変形敷地での設計はなさいますか?」
どのような条件の敷地でも設計は致します。

条件の難しい敷地での設計は、設計者にとってはやりがいのある仕事ですのでご相談ください。

Q.10
「打ち合わせは休日でも可能でしょうか?」
もちろん可能です。

実際、平日お仕事で打合せができない方が多いです。

事前にご相談ください。

Q.11
「遠距離でも設計はお願いできますか?」
遠距離でも対応します。

直接お会いしての打合せ以外にメールや電話、FAXなどによりできる限り密に打合せします。

ただし、出張の際の交通費・宿泊費を別途ご請求させて頂くこともございます。

細部は事前にご相談下さい。

Q.12
「一戸建住宅とマンションどちらか迷っています。どちらがいいのでしょう?」
それぞれ良い点はありますが、所有して将来住み続けることを前提とすると、一戸建住宅の方が良いと思います。

マンションも賃貸として利用するのであれば非常に魅力的だと思いますが、分譲マンションの場合、将来の大規模修繕や建て替えの問題に直面します。

特にブームのように取り沙汰されている超高層マンションは、非常に大きな問題を抱えています。

都会の利便性とコスト面から分譲マンションをご希望であるのなら、コーポラティブハウスをお勧めします。

コーポラティブハウスは建設当初から建主同士のコミュニケーションが密であり、区分所有も少数で区分しているケースがほとんどですので、将来の話し合いがスムーズに進めることが可能だと思います。

Q.13
「設計事務所なんて自分には関係ないんじゃない?」
家づくりは一生で最も楽しい行事だと思います。

家は「買う」モノではなく「つくる」モノです。

大きなお金をかけて家族全員で楽しむ家づくり、そのお手伝いをするのが設計事務所です。

あなたの知らない家づくりがそこにあるかもしれません。

もし間違ったイメージや知識によって設計事務所があなたの人生に関わる機会を失っているのであれば、それは非常に残念なことです。

あなたが生活するこの一瞬、一時間、一年、一生をあなたにとって特別な空間で送る事は、人生をどれほど豊かにするでしょう。

是非、選択肢の一つとしてご検討ください。