住宅取得後にかかるお金

住宅取得後にかかるお金としては、ローン返済を最も気にされていると思いますが、実はそれ以外にもお金が必要です。
住宅取得の予算を考える際に、取得後の資金計画も併せて検討する必要があります。ローンの返済額は借入金額やローンの設定によって様々ですので、ここではローン返済以外にかかるお金についてまとめます。

項目 解説
固定資産税 固定資産税は、土地や建物を所有している場合に毎年課税される市町村税です。課税の対象は毎年1月1日での不動産所有者ですので、年の途中で取得した場合はその翌年からの課税になります。
尚、税率は市町村によって異なる場合があります。

[土地]
200㎡までの部分:土地評価額×1/6×1.4%
200㎡以上の部分:土地評価額×1/3×1.4%

[建物]
建物評価額×1.4%(×1/2)軽減措置
※軽減措置1/2の適用条件
・新築住宅の場合
・居住部分の床面積が全体の1/2以上の場合
・床面積が50㎡以上240㎡以下の場合、120㎡までに適用
・住宅新築時から3年間

都市計画税 都市計画税は、都市計画法に定める市街化区域内のみの適用で、土地や建物を所有している場合に毎年課税される市町村税です。課税の対象は毎年1月1日時点での不動産所有者ですので、年の途中で取得した場合はその翌年からの課税になります。尚、税率は市町村によって異なる場合が有ります。

[土地]
200㎡までの部分:土地評価額×1/3×0.3%
200㎡以上の部分:土地評価額×2/3×0.3%

[建物]
建物評価額×0.3%

修繕積立金 マンションでは修繕積立金が義務付けられていますが、一戸建てでは自分で用意しなければなりません。
15~20万/年