土地取得にかかるお金

一般的な土地取得にかかるお金についてまとめています。物件ごとに多少の違いがありますので、あくまで目安としてお考え下さい。

項目 解説
土地代金 土地の代金。消費税はかかりません。
仲介手数料 売主と買主の間に不動産会社などの仲介者が入る場合、買主は仲介者に手数料を支払うことになっています。
仲介手数料不要の売買もあります。
売買金額の3%+6万円+消費税
売買契約印紙税 売買契約書に添付する印紙にかかる費用。印紙代は土地代金の金額によって異なります。
国税庁で規定しておりますのでご確認下さい。
1千万円超5千万円以下:1.5万円(H25.3.31まで軽減)
5千万円超1億円以下 :4.5万円(H25.3.31まで軽減)
※本則はそれぞれ2万円、6万円
所有権移転登記
登録免許司法書士報酬
所有権移転登記は、土地や建物の所有権を移転したことを登記所へ登記することです。登録免許税の他に、手続きを代行する司法書士への報酬が必要です。司法書士の報酬額は一律ではありません。
登録免許税:土地評価額×1%(H25.3.31まで軽減)
※本則は2%
※土地評価額:取引価格の70%程度
司法書士報酬:1.5~3万円程度。
不動産取得税(土地) 不動産を取得した場合に一度だけ課税される都道府県税。
取得後60日以内に申告し、一定条件をクリアーしていれば特例措置があります。
土地評価額×1/2×3%-特別控除額
※特例措置の適用には一定の条件があります。
※特別控除額:次のいずれかの多い額
・ 土地1㎡当り固定資産税評価額×1/2×住宅床面積2倍×3%
 但し、「住宅床面積の2倍」は200㎡を上限とする。
・4.5万円