建築にかかるお金

3.工事前にかかる費用


項目 解説
近隣挨拶 工事中は騒音や車の出入りなど、どうしても近隣にご迷惑がかかります。

業者も着工前に挨拶にいきますが、入居後の良好な近所付合のためにも建築主が挨拶しておいたほうがよいでしょう。

金額はお気持ち次第です。
敷地測量

地盤調査

敷地測量図は土地を購入する際に不動産屋で用意している場合がほとんどです。

地盤調査は通常スウェーデン式サウンディング調査(S.S)でおこないます。

ボーリング調査が必要な場合は、調査深度や地盤の種別により金額が左右します。

敷地測量:10~15万円程度

地盤調査(S.S):5万円程度

設計管理契約印紙代 設計監理契約書に添付する印紙にかかる費用。印紙代は設計監理料によって異なります。

国税庁で規定しておりますのでご確認下さい。

200万円超300万円以下:1千円

300万円超500万円以下:2千円

設計監理料 支払は契約時に30%、実施設計完了時に40%、工事完了時に30%でお願いしております。
設計監理料についてはこちらをご確認下さい。
確認申請料 確認申請は、計画が法規や条例に適合しているかの審査を自治体へ申請する手続きです。

申請料は申請の際に添付する証紙代で、建物の規模によって異なります。申請は設計事務所が代行します。

100㎡以下の場合:20,000円

100㎡超え200㎡以下の場合:25,000円

※民間審査機関の場合/詳細はお問い合わせ下さい。

地鎮祭 神主祝儀とお供え物費用、工事関係者への祝儀が必要となります。

業者にもよりますが、会場設営に関する費用が別途必要となることもあります。

最近は省略する方も増えています。

神主祝儀:3~5万円程度

お供物:5千円程度

工事関係者祝儀:各5千円程度